カムカムってなんだろう?

Q&Aで回答します Q.1~Q.5

カムカムは、地球上でわかっているすべての植物の中で、ビタミンCが最も多く含まれており、美容と健康にとって大変注目されています。ビタミンCはレモンの60倍以上、ポリフェノールもたっぷり含んでいるカムカムを勉強していただければ幸いです。

  • Q.1
  • どんな果物ですか?
  • A.1
  • カムカムとは南米アマゾン河に育つ果物で、ビタミンCの含有量では世界一を誇るスーパーフルーツと呼ばれています。
    天然ビタミンCは果汁100gあたり約3000mgも含まれており、レモンの60倍、アセロラの約2倍。さらにポリフェノールもたっぷり含まれています。とても美味しいカムカム飲料は、アマゾンカムカム社から発売されています。

完熟したカムカムの果実

  • Q.2
  • 学術的にはどのように分類されているのか?
  • A.2
  • フトモモ科に属し、灌木種(背の低い木)と樹木種(背の高い木)があり、学術的にはビタミンCが豊富に含まれているCAMUCAMU(カムカム)をMyrciaria Dubia(ミルシアリア・ドウビア)と言われている。
  • 樹木種
  • 樹木種
  • 直径50cm以上の切り株
  • 根元より上方に撮影
  • 灌木種
  • 灌木種
  • 乾期に撮影した河辺のカムカム
  • 雨期に水没したカムカム
  • 開花前の蕾
  • カムカムの花
  • 未熟果
  • 完熟果
  • Q.3
  • カムカム「 CAMUCAMU 」の語源ってあるのですか? 可愛い果実ですか?
  • A.3
  • カムカムの自生種はマングローブのように水の中でも生育し、定植したわずか50cmの苗木でも雨期の5ヶ月間、水中で育ち減水期になると顔を出し、大きく 育っていきます。収穫時期の12~3月頃になると緑色であったカムカムは、深紅色の完熟した果実になり、やがて水中に落下します。
    この落下してくるカムカムを待ちかまえ、好んで食べるパクーやタンバキといった魚が集まってきます。
    魚は完熟果を丸呑みしますが、大きな種子がありますので、器用に果肉だけを食べて種子だけをうまく 口からはき出します。種子をはき出すとき魚の歯にあたり、カカカ、シャム、シャム、シャム、カカカカ などの音が聞こえ、それがどうもカムカムに転化したと現地の人たちに伝わっています。同じアマゾン河 地域のペルーもブラジルもカムカムと言われています。
船からの荷揚げ
完熟果
未熟果と完熟果
果径15~20mm
カムカムと断面
カムカムの断面
船からの荷揚げ
完熟果
未熟果と完熟果
果径15~20mm
  • Q.4
  • カムカムの果実ってどんな味? 香りもあるのですか?
  • A.4
  • カムカムの果実は、ペルー政府の保護政策から輸入できませんが、果実の風味は、レモンの酸っぱさよりは少しましですが、結構酸っぱいです。香りは、スモモ、プラム、またウメのほのかな淡い香りがします。現地の女性達は、完熟したカムカムを美味しそうに食べます。
    従って、カムカムの輸入は種子と果皮を除いた、生果汁、果汁をパウダーに加工したものを輸入しています。
    完熟しますと酸っぱさがましになり甘味が出てきます。アマゾンカムカム社の社長はアマゾン河流域を3年間5万kmに及ぶ調査をしたとき、いろいろな場所で カムカムの果実をいっぱい食べて、香りの研究を行いました。そして帰国後カムカムのエッセンスを3種類開発しました。しかし、残念なことに香りのイミテー ション(類似品)が出回っており、他社では、製品コストを抑えるため、類似品のエッセンスを使ってカムカムのドリンクを生産しています。美味しくて風味の 良い商品は、アマゾンカムカム㈱から提供します。
生のカムカム
18%果汁入り飲料(280ml)ペットボトル
5倍濃縮飲料
100%果汁200gビン入CAMUCAMU C
  • Q.5
  • 自生しているカムカムがあるのにどうして畑で栽培するのですか?
  • A.5
  • アマゾン河の水が増える増水期と水が減る減水期があります。しかし年によっては水が早く増水してカムカムの収穫ができないことがあります。
増水期
水没直前のカムカム
水没しているカムカム
  • ●河辺で生活している人たちは貧しく現金収入が少ないので、
    栽培によって現金を得ることにより生活が向上します。
    弊社は11年前からその支援をしています。
  • ●高台の栽培によって増水に関係なくカムカムの収穫ができ、安定した原料生産が可能になります。
  • ●カムカムを植えることによって枝葉が繁茂し、CO2の削減になります。
水没直前のカムカム
増水期

お問い合わせ

[メール受付]24時間・年中無休 ☎06-6852-2210 [受付]平日10:00~18:00 FAX06-6852-2251(年中無休)