カムカムってなんだろう?

Q&Aで回答します Q.11~Q.15

カムカムは、地球上でわかっているすべての植物の中で、ビタミンCが最も多く含まれており、美容と健康にとって大変注目されています。ビタミンCはレモンの60倍以上、ポリフェノールもたっぷり含んでいるカムカムを勉強していただければ幸いです。

  • Q.11
  • カムカムはどのように輸入しますか?
  • A.11
  • Q10に関連しますが、ペルー政府は種苗法と資源流出を防止するため、種子、苗、青果は輸出禁止にしています。生産現地でカムカムの果実の皮と種を取り除 いたパルプと呼ばれるピューレ状のものにして冷凍加工します。また、このパルプを原料にして、パウダーにも加工します。出荷の荷姿は、冷凍加工したドラム 缶(中見込み重量1本:180kg)を40フィートのリーファーコンテナ(冷凍)に約130本積載して日本に向け出荷します。その他小型の袋入りもありま すが、ドラム缶の輸出が定番です。
    パウダーは、スプレードライで加工したものを通常10kg入りのパッケージにして出荷します。検疫・通関後、主に飲料メーカー、食品加工メーカーに販売し、一部は日本から海外向けとして輸出もしています。
冷凍パルプ180kgの中身
ドラム缶の外観(1本180kg)
コンテナ船
神戸港から陸揚げ
  • Q.12
  • カムカムの原料ってどんな形で販売するのですか?
  • A.12
  • コンテナ船が日本の港につきますと検疫等の通関手続きを受けます。
    このコンテナ(40フィート)には約200Kgのドラム缶130本積載しており、そのまま他社にコンテナ丸ごと販売(輸入者名義変更)することもありますが、通常は、港の近くにある冷凍倉庫に保管いたします。
    小口販売はドラム缶1本(正味内重量:180Kg)から販売いたしますが、弊社は、この冷凍パルプから精製したカムカム100%果汁をバックインボックス(20リットル冷凍)に入れ1ケースより販売しています。
    この原料は小形で使いやすく、残渣(カムカムの沈殿物)をある程度取り除いていますので、カムカムの100%果汁原料としていろいろな飲料、調味料、冷菓、スィーツ、キャンディなどに応用でき好評です。
    透明度を要するカムカム製品には、このカムカムのパルプを濃縮し5倍濃縮透明果汁として販売も行っています。
    しかしこの透明果汁にはビタミンCはたっぷり含まれていますが、ポリフェノールの含有は少なくなってしまいますから、製品によっては注意が必要です。
正味180kg冷凍パルプ
カムカム精製100%果汁(冷凍)20リットルバックインボックス(小型でとても便利な原料)
未熟果
完熟の少し前
  • Q.13
  • インスタントコーヒーのような、FDタイプ(フリーズドライ)のカムカムパウダーつてあるのですか?
    またFD以外のカムカムパウダーもあるのですか?
  • A.13
  • 大きく分類しますと、ご質問のようにFD(Freeze Dry)によって出来るパウダーと、もう1つのSDタイプがあります。SD(Spray Dry)はスプレードライ法によってできた粉末です。
    FDタイプはカムカム果汁を凍結させると同時に、真空状態にして水分を昇華(昇華とは水分を液体に戻さずに直接気体にすること)させパウダーを作ります。
    すでに、弊社は2004年にはカムカムパウダー100g当たりの天然ビタミンC値27100mgの純粋に極めて近いものとマルトデキストリン配合の16000mgの2種類を開発しました。
    一方のSDタイプは、噴霧乾燥法と言われ、カムカム果汁を細かく霧状にし、これを熱風中に噴出させ、瞬間的に粉状の乾燥物を得る方法です。これら2種類の製法がありますが、 SDタイプのパウダー100g当たりのビタミンCは、FDと比べてかなり少ないものの、カムカムの粉末として幅広く使われています。しかし最近は、このSDタイプに大量の合成ビタミン Cを混入させた悪賢なパウダーが出回っていますので十分ご注意ください。
    とくに値段が安く、ビタミンCが8%を越えるパウダーは合成ビタミンCが入っていると疑っても過言ではありません。15%を越えるものも出回っていますので、値段の安いものはほとんど 合成ビタミンCと考えて、十分ご注意ください。日本は、合成ビタミンCも天然ビタミンCもほとんど区別なく表示されていますので、天然であるかどうかよく調べて良品を購入下さい。 例えば、量販店のビタミンC関連商品(キャンディ、サプリメントなど)、通販などのオマケに使われるVCオマケ商品(レモン150個分以上とかいう○○色のビタミンC)などはほとんど 合成ビタミンC入りと疑って良いと思います。

    弊社のカムカムパウダーは、6%以上のSDタイプを主力製品として販売していますが、一切、合成ビタミンCは使っていませんのでご安心下さい。
    なお、FDタイプのパウダーが、必要なときはPBで製造いたします。ただし、FDパウダーを空気中にさらしますと数分で固まり、数時間で液化しますのでとても扱いにくいパウダーです。
    ご案内として、食品、サプリメントなどに使われる場合はSDタイプをお勧めいたします。
業務用カムカムパウダー500g(スプレードライ)
FD+マルトデキストリン160000mg(PB品)マルトデキストリン配合のフリーズドライ15000mg/100gのビタミンC日本食品分析センター 第204020488-001号
FDカムカムパウダー27000mg(PB品)27100mg/100gのビタミンC日本食品分析センター 第204020488-002号
  • Q.14
  • カムカムがレモンやオレンジのようにあたりまえのように消費され、人気化していけば、何か良いことがあるのですか?
  • A.14
  • カムカムの原産地は、貧しい生活をされている地域が多いので、カムカムの需要が高まれば生活の向上につながります。またカムカムの栽培地域におきましても農作物の大きな柱の1つになり農家の生活水準を押し上げることが出来ます。さらに栽培することによりC02の削減で、地球環境に寄与できます。
    一方、カムカムの消費者は、世界一の天然ビタミンCと極めて豊富なポリフェノールの恵みで、健康と美容にその威力を感じてもらえること思います。
    まだ、原料供給の安定と信頼性は完壁ではありませんが、カムカムの生産地はペルーだけではなく、アマゾン河流域のブラジルやボリビアへと広がり、やがて信 惹性の高い信頼できる供給源が確立されますので、カムカムは消滅することは100%ありません。カムカムの生産地をアマゾン河流域全体としてとらえること により、安定供給が可能になりますので、さらに弊社は栽培地の調査・研究を続け、カムカムの生産地マップを作成していきます。結論としましては、カムカム の人気化は当然であり、世界の皆さんに消費されていくことになります。
  • Q.15
  • カムカムって、フトモモ科に属するようですが、分類的に見てよく似た果実はあるのでしょうか?
  • A.15
  • カムカムの親戚みたいな果実として、次のようなフルーツがあります。
    6月頃には、ス-パ-マーケットや果物屋さんに並ぶのが「スモモ」です。
    カムカムの香りはスモモより淡い香りです。それとアセロラのようだとよく言われることがありますが、アセロラとカムカムはまったく違う分類になっています。
    カムカムの果実は球に近くしっかりした見事な果実、アセロラはサクロンボウのような形で、表面はぶよぶよした柔らかい果実です。

カムカムの親戚のような果実:(フトモモ科に属する)

カムカム
すもも
ジャボチカバ果実 原産:ブラジル
カムカムの花
グァバ
カムカムの花に似たジャボチカバの花

カムカムとアセロラ、まったく別物

カムカムとアセロラ、まったく別物

キントラノオ科
原産:西インド諸島、南米に分布している

お問い合わせ

[メール受付]24時間・年中無休 ☎06-6852-2210 [受付]平日10:00~18:00 FAX06-6852-2251(年中無休)