カムカムってなんだろう?

Q&Aで回答します Q.16~Q.20

カムカムは、地球上でわかっているすべての植物の中で、ビタミンCが最も多く含まれており、美容と健康にとって大変注目されています。ビタミンCはレモンの60倍以上、ポリフェノールもたっぷり含んでいるカムカムを勉強していただければ幸いです。

  • Q.16
  • カムカム果汁を使った本格的なカムカムドリンクやカムカム商品は、いつ頃出来たのですか?
  • A.16
  • カムカムドリンクの大ヒット商品第1号は、弊社から始まりました。下記の青いデザインの 缶ジュース(190g)です。販売デビューは、2003年に東京農業大学の農業祭で発表していただきました。その後、低価格赤缶ドリンク、5倍濃縮飲料、280mLカムカムペットボト ル、ドレッシング、100%果汁、30m」ミニドリンク、カムカムサプリメント、カムカムラクトアイ ス、カムカムキャンディ、水素カムカム、化粧石けんに至るまで、品質の高いモデル商品を 次々と開発し販売してきました。その後、大手飲料会社が参入し人気化しましたが、原料の 安定供給に問題が生じ、現在は下火になっています。弊社はカムカムの素晴らしい特性を 生かした飲料の生産を続けていますが、最近は弊社の類似品が出回っています。これら模造品にはカムカム果汁が極めて少なく、カムカムの生果汁を使っていない商品も出回って います。さらに弊社名のアマゾンカムカム社と類似したまざらわしい会社もありますので十分ご注意下さい。
    発売元、製造元、協力会社、技術協力会社など商品の表記欄にアマゾンカムカム(株)の名前があることを確かめて、品定めをおこなって下さい。 例えば、カムカムシロップ濃縮5倍とか希釈時の果汁が1%~2%と表記されているもの、 また防腐剤の入っている商品は、弊社をまねた粗悪品ですのでご注意ください。 もし、まざらわしい商品で判断がつかない場合は、弊社までお問い合わせ下さい。

アマゾンカムカム社の主な開発・販売商品

カムカムシャーベット

カムカムシャーベット

カムカムぽん酢

カムカムぽん酢

30%カムカム果汁入り5倍濃縮飲料

30%カムカム果汁入り5倍濃縮飲料

100%カムカム果汁CAMUCAMU C3000Plus

100%カムカム果汁CAMUCAMU C3000Plus

18%カムカム果汁入り飲料(280mlペットボトル)

18%カムカム果汁入り飲料(280mlペットボトル)

水素カフェ

水素カフェ

キャッツクロウ粉砕アルミパック100g

キャッツクロウ粉砕アルミパック100g

水素カムカム

水素カムカム

カムカムエキスパウダー

カムカムエキスパウダー

  • Q.17
  • カムカムジュース(果汁)の色は、どんな色ですか? 
    一部他社では本当は赤い色だと言っていますが?
  • A.17
  • 結論から言って、嘘をつていますので、だまされないようご注意下さい。
    カムカムの果肉は、写真のとおり赤くないでしょう。カムカムの果実の皮と種を取り除いて しぼりますと写真のよう透明感のあるわらび餅のような色をしていますから、本当の果汁は 赤くありません。しかし完熟しますと果実が赤紫になり表皮の色素は赤くなってきます。 従って、カムカムを搾るとき、真っ赤なカムカムが多ければ、搾った果汁の色はピンクから 赤色になってきます。まだそれほど赤くなっていないカムカムを搾りますと薄いピンクから 薄い黄色みがかった果汁になります。このようにカムカムの表皮の色によって果汁の色が 変わります。赤い色は綺麗ですが、完熟しすぎるとビタミンCやポリフェノールの成分が少な くなりますので、必ずしも赤い色の果汁が最高というものではありません。
    他社は、間違った認識をしていますので購入の際は、ご注意下さい。
    弊社の果汁は、もともと薄いピンクからやや黄色みがかった果汁ですが分析の結果、ビタ ミンCやポリフェノールはしっかり入っていますので、安心してお買い求め下さい。 この果汁を使って、いろいろな清涼飲料水を製造しますが、製造の過程で赤系はすぐに 色落ちしますので、紫いもや紅バラなどの天然色素を足して綺麗な赤系にしてお届けしています。
選別

選別

果実の断面

果実の断面

カムカムの表皮の色と果肉の色

カムカムの表皮の色と
果肉の色

完熟果の果肉の色

完熟果の果肉の色

カムカムの果肉を搾った色

カムカムの果肉を搾った色

搾汁前

搾汁前

完熟果実の多い果汁

完熟果実の多い果汁

完熟果の果汁サンプル

完熟果の果汁サンプル

搾汁工場

搾汁工場

200g 100%果汁角瓶

200g 100%果汁角瓶

少し色づいた果汁サンプル

少し色づいた果汁サンプル

弊社20kg入りの果汁の色

弊社20kg入りの果汁の色

  • Q.18
  • カムカムって何が素晴らしいのですか?
    栄養満点!なんですか?美味しいのですか?

    世界一の果物であれば、どこでも買えるはずなのに?
    あまり見かけないですが?

    最近、不味いカムカムを買ったことがありますが?
    どうなっているのでしょうか?

  • A.18
  • カムカムジュースとして、飲み物ととして、食品として、料理素材として素晴らしいのならどこのスーパーに行っても売っているはずなのに、ほとんど見 あたりません。どうしてでしょうか?その原因にはいろいろありますが、まず一番問題なのは、カムカムはどこの国にでもできる農作物でなく、産地はアマゾン 河流域(ペルー、ブラジル、ボリビア)を中心とした南アメリカに限定されており、まだまだ生産現場が整備されず、安定供給ができない果物になっているから です。


    しかし、いつまでもこの状態が続くことは考えられません。世界で一番多く収穫できる果物ははカムカムになるかもしれません。 その夢の計画は少しづつ動いていますね。安定供給が保証されなければ、大手飲料メーカは二度とやらないでしょう。


    次に、大手飲料メーカが流行を造り出す演出が商品の味よりもうまく、TVCMで仕掛けます。カムカムは一時TVCMにも出たこともありましたが、今のところ大手は動かなようです。


    ビールの宣伝合戦、清涼飲料水のやかましい宣伝などTVでおなじみですね。うまくても、まずくてもひっきりなしにCMを打てば耳にタコができ、一時は売れるでしょう。やがて売れなくなりますね。


    しかしカムカムの原料供給に目処がつけば、不味いもの、どうでもいい飲料のようにCMをガンガン打たなくても、カムカムが売場の指導権をとり最も売 れる商品になります。その理由は美味しい、からだに良い、だからカムカムは凄いといわれる商品作りを目指さなければならないとアマゾンカムカムは考えてい ます。


    一方人間は、目新しいものを追い求める心理が強く、毎年毎年同じデザインの柄では、飽きてくるのでしょうね。メーカは地球エコとはほど遠いエネルギーの無駄使いをして凌ぎを削っています。


    とくにコンビニは、次から次と手をかえ品変え柄変えしないと売れないから、無駄なことを年中しています。いくら良いものでも飽きられることを恐れ、 なかなか定番にはなりにくいのが現状です。これはカムカムだけに限ったことではではありませんが、あまりにも次々にでくる品数が多すぎることも原因になっ ていると思います。 われわれ消費者は良いものを見極め限定し、TVCMにまどわされないことが本当のエコにつながるのではと思いますが皆様はいいかが思 われますでしょうか?


    ビールの宣伝など見ていたらうるさく感じませんか? カロリーOFFと言えば、みんな揃って似たりよったりのビールが次から次へとTVから出てきま すね。こんなよく似たものばかり必要はないでしょう。カロリーOFFだと言いながらエネルギーの無駄遣いをしているように感じます。CM料をたくさんいた だいているスポーツ関係者、芸能人の方々、本当の地球環境を考えているのでしょうか? と愚痴りたいですね。


    結局のところ消費者はメーカのTVCMに踊らされ、なにが良いのかそうでないのか?こんがらがってよくわからないのが現状かと思います。


    カロリーOFF、糖質0のようなものは食品と言えるのでしょうか?
    食品にはエネルギーがあってこそ、からだは食品からそのエネルギーを受けとり生命を維持するはずですが、なぜか粗末にしているようにも感じますね。その背 景にはやっぱり消費者は 肥満系、メタボ系になっているのでしょうね。 私だったらカロリーたっぷりの美味しいビールが飲みたいですね。 肥満は万病の元、だったら食品全体でカロ リーを控えめにすればすむことです。なになにOFFビール・飲料や脂肪燃焼系飲料など必要ないはずです。美味しくて、栄養満点の自然の恵みをごちそうにな りましょう。


    もう一度言いますと、本当に美味しいものには自然の味がありカロリーもたっぷ含んでいるは ずです。ですから、時間がくればカロリーOFF・糖質オフも色あせ、そのうちなくなるでしょう。


    また飲料の話に戻りますが、昔のスカッとさわやかコカコーラは美味しかったですね。 40才以下の方はご存じないかもしれません?まあ、しかし当時のコーラーには砂糖がめちゃめちゃ入っていましたので、これは健康に大敵でした。しかし今のコーラーは、流行に走りカロリーOFFになっています。その分かなり不味く なりましたね。そのうち合成甘味料OFFに飽きられたら、また昔の名前で出ていますで、美味しいコーラーがやってくるかもしれません。私は楽しみにしています。


    さて、皮肉っぽい、いけずな話は、そろそろ終わりにしてカムカムが美味しい飲料であること栄養満点の飲料であることをお伝えします。


    カムカムの本格的な美味しい飲料開発は2003年に弊社、アマゾンカムカム(株)が行い ました。その後、2004年~から他社も参入して、カムカム飲料を生産してきましたが、未だ 弊社の商品と比べて、美味しい! うまい! 栄養も満点だ!というものはお目にかかって いません。


    それは、商品価格の横並びを重視したことから開発をしますので、いつまでたっても弊社 に近い栄養満点の美味しい飲料ができない理由の1つになっているのではと思います。 


    例えば弊社のカムカム果汁30%入りの5濃縮濃縮飲料と他社の5%入り5倍濃縮と比べま すと、美味しさ、カムカムの風味、栄養成分はまったく違います。 勿論、値段は弊社の商品 は高い、後発他社商品は安いで価格競争曲には負けます。 


    弊社の高い理由は、果汁の量が極めて多い、合成ビタミンCを足さない(TVで緑のビタ ミンCとうそぶいている化学合成ビタミンC)、1本になんと天然ビタミンCがレモンの約240個 分も入っている、ポリフェノールが赤ワインの10倍以上、香りが良い、うまい! の連発です。 やっぱり消費者は、商品内容よりも真っ先に値段を見ます、次に商品の価値を考え、お得感 などを考え総合判断して買うか買わないかを決める。これが人情かと思います。


    販売店はまだまだデフレスパイラル(負けまいと他店より安売り)に酔っており、質よりも価格 重視の品揃えをしている傾向にあります。このため弊社の商品は、特別扱いされ皆様の目に かかることはほとんどありません。どんぐりの背比べ的な商品群はたいていどこの店でもところ 狭しと棚に並んでいますが、とても良い商品は、まず値段が高く相手にされないのが現実です。 しかし、いつまでもディスカウント(安売り)の題目だけでは、店はやっていけないと悲鳴を 上げかけている店もでてきましたので、そろそろ弊社の高額商品が皆様の前に登場するかも しれません。実は期待しているところです。

    まとめますと、天然ビタミンCやポリフェノールは
    抗酸化作用があり、健康に役立ちます。
    さらに、カムカム果汁の多い飲料はとても美味しいです。

    あなたのお買い物のお得感は、いかがでしょうか? 
    なんと言っても価格が一番? 
    それとも栄養評価?
    美味しさ?みため?

弊社のカムカム5倍濃縮飲料のお得感は、

①原料にカムカム生果汁を使っている。

②カムカム果汁だけ30%使っている。

③濃縮還元果汁使わない(加工原料)

④化学合成ビタミンCを一切たさない。
(TVのCMで緑のビタミンCといわれているもの)

⑤1本の商品の中にカムkマウの天然ビタミンCが
レモンの240個分入っている。

⑥ポリフェノールも赤ワインの10倍以上入っている。

⑦カムカム果汁がたっぷり入っていてとても美味しい。

他社の低価格のカムカムを買われるか?高くても美味しくて栄養成分がぎっしり詰まっている弊社(カムカムのブランド品)の飲料をお買い求めされるかは、あなた次第です。

  • Q.19
  • カムカムの商品はどこに行けば買えるのでしょうか?
    何か果汁1~2%程度の変なカムカムはときどき見かけますが、アマゾンカムカム社のカムカムは見たことがないです。身近なスーパーさんで買えるようにして欲しい。
    商品の内容が価格に見合うなら高くても買いたいと思いますが?
  • A.19
  • これはとても厳しいご質問です。アマゾンカムカム社の宣伝力と営業が足らないからだと思っています。良品を出そうと思ったら模造品・類似品に阻まれて、営業がやりにくいという一面があります。
    ですから大手量販店やスーパーさんにはほとんど並んでいません。もう一つの大きな理由として上げられるのは、大手飲料メーカと比べ弊社の商品価格帯が 2~3倍しますので、いくら内容が良いカムカムのブランド品と言っても扱っていただけるお店は限られてきます。商品内容から見れば他社より4~6倍良いと 言っても横並びの観念が強くて商品群の仲間には入れてもらえないのが現状です。量販店は模造品であろうとなかろうとカムカム商品を調べていないので、売れ そうな価格帯であれば棚入れするようです。
    まだ質よりも価格帯重視ですが そのうちに、量販店も特色を出していかなければならないので、弊社の高級品が身近ないつものお店でお買い求めできるかもしれません。
    今のところ一部のお店やインターネット通販でお買い求めできますので、いろいろ検索してください。その場合は、アマゾンカムカム社の製品であること、ある いは相互協力会社の製品、または弊社製品との契約会社の製品であることを調べて、上質のカムカム商品をお買い求め下さい。
    次のQ20には、天然ビタミンCの比較、ポリフェノールについての質問がきていますので、回答していきます。
  • Q.20
  • 通常の化学合成ビタミンC(ほとんどの大手飲料メーカの飲料や大手菓子メーカのキャンディ、化粧品に使用されているもの)は熱に弱いと聞いていますが、カムカムの天然ビタミンCも同じく熱に弱いのでしょうか?
  • A.20
  • いいえ、カムカムのビタミンCは、とても熱に強いです。従って、生果汁の熱殺菌も可能です。弊社の商品は熱殺菌で食の安全を保証しています。
    例えば、ケーキのカムカムクリームやホットカムカム、キャンディーにも使えます。 ただし、長時間、高温にさらすとさすがにビタミンCも劣化しますので、できるだけやさしく扱ってください。
    なぜ、カムカムのビタミンCが熱に強いのかその解明に、原子レベルで研究を行っています。

お問い合わせ

[メール受付]24時間・年中無休 ☎06-6852-2210 [受付]平日10:00~18:00 FAX06-6852-2251(年中無休)